書道家陽苑ママの奮闘記

富山で書道教室Sunroomを運営している陽苑ママの戯言

ポンコツ予備校講師が語る。「夏期の理想と現実」

http://instagram.com/p/ppdgpuu3uk/

昨日、予備校では、生徒に夏期の計画表を提出してもらっていた。

計画表には、

  • 夏期の生活面での目標(起床時間や就寝時間など)
  • 各科目の目標
  • それぞれの週に行う勉強の内容(具体的に)
  • どの時間帯にどんな勉強をするか

などを書かなければならないものだ。

 

だいたいの人が素晴らしい理想的な計画表だった。

しかし、本当に達成できるんだろうか・・・と心配なくらい詰め込みすぎ。

 

 

 

素晴らしい計画表ほど達成できない

毎年、達成できずに終わっていくという生徒の姿を見る。

浪人専科の予備校なので、日中には夏期講座に出席し、

その授業の合間にはその日の講座の復習や次の日の講座の予習をしなければならない。

よって、夏期講座をかなり多めに受講する人は、自分のやりたいような勉強の時間が思ったように捻出できないのがオチなのだ。

 

現役生もそうだろう。

学校の夏期の補講があったり、学校祭が秋に有りその準備に追われたり、学校の宿題が多かったり、塾の夏期講座に出席しなければならなかったりで、大忙し。

結局それをこなすだけで終わり。

という人もいるかもしれない。

 

どんなに美しく素晴らしい計画を立てても、実行できずに終わり、

「あぁ、全然計画通りにいかないダメな夏だった・・・」

と自信をなくして終わるだけなんだ。

 

立ててみた計画を勇気をだして削る

理想的な計画をたてて完璧★となっている人には申し訳ないが、

勇気を出して計画を削ってみよう。

 

まず、得意科目がある人は・・・

得意科目は勘を鈍らせない程度にやるだけでいいので、今立てた計画の7割を削ろう。

正直言って、夏期にすべきことではない。

得意教科をさらに伸ばすのは、苦手教科を人並みにもってきてから考えて欲しい。

 

得意科目がない人は、満遍なく勉強しなければならないのだが、

あまり欲張ってもしょうがないので、ターゲットを絞ろう。

例えば、夏はセンター試験系の問題を克服するとか、

夏は2時試験で使う教科だけ克服するとか・・・

それ以外は削ってみよう。

 

絶対に実現可能な目標達成最低ラインを決める

自信をつける夏期にして欲しいので、絶対に実現できる目標達成最低ラインを決めておこう。

例えば、「このテキストを2周はする!」と計画を立てた人は、

目標達成最低ラインを「このテキストを1周する!」にしよう。

つまり、今立てた計画の5割程度のところを目標達成最低ラインにしてしまう。

(※夏期になんの予定もなく、勉強しかする人がないという人は7割~8割程度のところオススメする)

 

達成したぞ~!と自信がつけば、メンタル的にも強くなれる。

自信をつけないと、秋から冬にかけて焦るばかりだ。

 

5割程度いいの?心配・・・という人もいるかもしれないが、

学校や予備校の授業の予習復習がメインで、それをしているだけでも一日は過ぎていくものだ。

それをおろそかにして自分独自の勉強に走ってしまうと、独りよがりの勉強になってしまい、間違った方向に暴走する可能性が高い。

まずは百戦錬磨の先生たちの授業を大切にして欲しいのだ。

だから5割で大丈夫。

心配することはない。

 

ということで、夏期の間、頑張っていきましょ~(・∀・)