読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書道家yoooenさんの奮闘記

アラサー書道家会社員のたわごと

富士急ハイランドの新アトラクションに乗ってみた【富士飛行社】

 「絶景」yoooen書

 http://instagram.com/p/rAq4qiO3ho/

 

スポンサーリンク

 

 

富士急ハイランド

富士急ハイランドに2014年7月下旬に新アトラクション「富士飛行社」がオープンしました。

毎年一回は必ず富士急ハイランドに行っている私には心躍るニュース。

 

富士急ハイランドと言えば、絶叫マシーンで有名ですが、

「富士飛行社」はちょっと違う・・・

日本初のフライトシュミレーションのアトラクションです!

(もちろん、屋内アトラクションです)

「富士山を五感で感じる」がコンセプトのようです。

 

早速試してきました(・∀・)

http://instagram.com/p/rArxrru3jF/

 

設定が面白い

中に入ると、やはり列が出来ていました。

待っている間にモニターに映し出されたのは「富士飛行社」の歴史でした。

 

富士飛行社の歴史は江戸時代に富士三太夫が「富士を別の角度から見たい~~!!」と駄々をこねたのが始まりです。

鶴の力を借りて富士上空まで飛び、富士を眺めました。

その噂がクチコミで広がり、お客さんも大勢来るようになった・・・というところから事業が始まります。

 

(あまりにも面白いストーリーだったので、中間部は行ってからのお楽しみ・・・ということにしておきます。)

 

そしてなんやかんやあって、今の六代目富士三太夫が斬新な飛行機(座席むき出し)を開発して一大企業になりました。

その飛行機に我々が乗り、富士を色んな角度から見る、という設定です。

待ち時間も飽きさせない、そんなストーリーになっています。

 

いよいよフライト

40人が一度に乗ることができます。

まず、別室に集められ、注意事項が流れるビデオを見ます。

(これも面白かった。あらゆるところで笑いをとろうとしているんだな~)

そして薄暗い道を進んでいき、座席に案内されます。

 

かばんや飛んでいきそうなものはロッカーへ。

ベルトを締めて、準備万端!

 

絶景が広がる巨大スクリーン

フライトが始まると、いきなり東京の絶景が直径20mもある巨大スクリーンに映し出されます。

圧巻で、お客さんの誰もが声をあげました。

本当に東京の街の上空をフライトしているみたいで、私も思わず「すごーーーーい!」と叫んでしまいました。

そして富士山方面に向かうのです。

 

富士山が見えてきました。

そのあと、色々な角度から富士山を見せてくれました。

富士火口を上から見せてくれたり、

湖面すれすれのフライトで富士山を見せてくれたり、

霧の中を抜けて富士山を見せてくれたり・・・

風を感じ、水を感じ、美しさを感じ、

確かに、五感を使って富士を感じるフライトでした。

 

最近、涙もろいのか、感動して涙が出ました。

私の他に泣いている人なんていなかったですけどね(´Д` )

 

しかし、雲が厚くてリアル富士山が見ることができなかった私にとっては、

本当に嬉しいアトラクションでした。

 

絶叫マシーンではないのでご安心を・・・

巨大スクリーンなので、本当に空を飛んでいるような錯覚に陥りますが、

絶叫マシーン特有のふわっとする感じもないですし、

沢山の子どもたちも乗っていたので、

絶叫マシーンが苦手だ!という人でも安心して乗れるアトラクションです。

 

 

新感覚のこのアトラクション、皆さんも試してみてはいかがでしょうか。

期待を裏切らないアトラクションですよ(・∀・)

 

 

 

 

 スポンサーリンク