書道家陽苑ママの奮闘記

富山で書道教室Sunroomを運営している陽苑ママの戯言

静岡大学OBによる2014書展を見に行った話【ぼっち旅】

f:id:yoooen:20140802111253j:plain
 
スポンサーリンク
 
 
 
 
 
静岡を一人でふらふらする機会が先日ありました。
どこに行こうか前日まで迷っていたのですが、
猛暑日になりそうだということで、屋内で楽しめそうな場所を探していました。
 
そんな時にふと、「そういえば、静岡の書家さんたちは、どんな書風なんだろうな~」と思いました。
 
私は今地元を離れて富山県にいるのですが、
富山に来た時も、地元の書と富山の書が全然違ってびっくりしたものです。
 
なので、静岡ならではの書を見つけたい!と思ったわけです。
 
ネットで調べたら、
静岡大学OBによる2014書展」が行われることがわかり、
興味を持ち行ってみました。
 
静岡大学OBによる2014書展
7月24日(木)~27日(日)
静岡市民ギャラリー
 
f:id:yoooen:20140802111324j:plain
 
色が墨の色でないですね!
なんとこの作品はお茶を配合して書いたそうです!衝撃(`・ω・´)
 
 
 
 
 
f:id:yoooen:20140802111352j:plain
大字作品から小字作品まで様々です。
紙の色、墨の色も非常に重要な要素です。
それぞれの書家さんが試行錯誤してたどり着いた先の作品が展示されていました。
 
 
書展入口で記帳しました。
富山市」と「富士市」って似てますよね~
住所と名前を書いてしばらく見て回ったのですが、
 
「よく見たら「富山市」じゃないですか!!!!」
 
という声がしましたww
たしかに、静岡で富山の人が見に来るというのはなかなかない話でしょうねww
しかも、私は静岡には縁もゆかりもないわけですし・・・
 
そして声をかけられ、お話を色々させていただきました。
優しく対応してくださったのは朝比奈先生です。
 
 
朝比奈先生と作品はこちら↓
 
左:『黎明Ⅱ』 右:『黎明Ⅰ』
f:id:yoooen:20140802111413j:plain
 
 
『日・月』
f:id:yoooen:20140802111431j:plain
 
 
※朝比奈先生に許可をとって掲載しております。
 
 
上の作品はとてもダイナミックですね!
『黎明Ⅱ』の墨色が独特ですが、
これは墨と金色の液墨と膠を配合してできた色だそうです。
 
「どんな比率で混ぜ合わせたんですか?」
と聞いてみたのですが、その都度違うそうで、特別な比率はないそうです。
確かに、天候や湿度によって、紙の質感も変わってきますし、墨の調子も違いますからね。
ナンセンスな質問をしてしまいました(´Д` )
 
したの作品は非常に静かです。
額も変わってますよね!趣がある・・・!
 
 
色々と勉強させていただきました、ありがとうございます。
そして静岡の人たちはみなさん温かかったです。
 
私もより良い作品を生み出していくべく、精進せねばと改めて思いました。
 
 
私の方はと言えば、次は地元の書展に出す作品を作らなければなりません!
どんな作品にしようかな~
 
 
 
 
スポンサーリンク