読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書道家yoooenさんの奮闘記

アラサー書道家会社員のたわごと

アドバイスを受け入れることによって進化する

師匠のアドバイスをもとに作品を仕上げてみたところ、作品が進化しました。
 
f:id:yoooen:20140823192018j:plain
 
スポンサーリンク
 
 
 
 
先日更新した記事で、「師匠からアドバイスをもらったことによって、
次にどのようなことに注意しながらより良い作品を作るべきかわかった」
というような内容を書きました。

 

 

before

f:id:yoooen:20140823192032j:plain

 

こちらはカタイし、ただ太いだけ。というような作品ですね。

紙に対する文字の大きさも大きすぎですし、小書きも「思勉」と離れすぎていてマッチしていないです。

迷いながら書いているのもこう見てみるとわかります(>_<)

 

 

after

f:id:yoooen:20140823192018j:plain

 

  • 線を細くしてスッキリ
  • (でもちょっと頼りない線かな~太い線と細い線を極端に作ってみようかな)
  • そのかわり点画を離すことで文字を大きく見せる
  • (点画を離すことが怖いと思ってしまう自分としては頑張った方)
  • 若干大小変化をつけた
  • (もう少し大胆に大小変化をつけてみても良かったのかな~)
  • 「思」の六画目を引っ込めることにより小書きを内側へ
  • (「思勉」ともっとマッチさせるような流れで小書きを書きたい!)

 

課題はまだありますが・・・形になったので印も押してみました。

 

 

 

 

師匠のアドバイスは偉大です。

ここまで作品が違うものとなるとは・・・

アドバイス無しでここまで書けるようになるようになるには、まだまだ鍛錬が必要だということが思い知らされました。

 

ちなみに、この作品はまだ締切が来ていないので、まだ書き込む予定です。

さらに進化した作品を紹介できるよう、仕事の合間に頑張ります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

密かにサブブログ始めました。

読者登録も気軽にどうぞ(・ω・)★

trendy information

↑こちらをクリック↑