読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書道家yoooenさんの奮闘記

アラサー書道家会社員のたわごと

【オススメの旅】トロッコ電車~プチ山登り~秘湯めぐり【黒部峡谷・祖母谷温泉】

冒険 富山 ふもふもワールド ラーメン
黒部峡谷、トロッコ電車の旅、宇奈月温泉からいざ出発。
 
 
切符はネットでも予約できますが、我々は、「どうせ平日だし~予約しなくても空席あるっしょ~」と余裕の構え。
案の定空席ありでしたので、当日でも切符は購入できました。
休日ですと、ギュウギュウ詰めのトロッコ電車を見たことがあるので、
要予約です!
 
旅のお供は妹とサボテンのふもふもさん。
f:id:yoooen:20140927220109j:plain
スポンサーリンク
 
 
トロッコ電車からの景色は雄大な自然の美。
富山出身の室井滋さんの案内アナウンスを聞きつつ、マイナスイオンを浴びました。
 
しかし、山をなめちゃいかんです。
この時期すでに寒いです。
トロッコ電車は窓がないので、風が直に体にあたります。
私はあったかレギンスとウインドブレーカーを着用。万全の体制。
 
窓のある列車もありますが、少々運賃がお高め。
黒部の大自然を感じるためにも、お財布のためにも、窓なしのトロッコ電車をオススメします!
 
f:id:yoooen:20140927220125j:plain
 
線路のレールの幅が狭いので、トンネルも狭い。
きゃーぶつかりそう・・・!
f:id:yoooen:20140927220141j:plain
 
約80分間ゆっくりと進んでいったトロッコ電車は、
終点の欅平に到着しました。
 
マップを見てもびっくり!
だいぶ山奥です。 
 
ここでは野生の動物に出会えるチャンスです!
猿とか、オコジョとか、カモシカとか、ツキノワグマとか・・・
(クマさんにはあまり会いたくない・・・)
 
猿について言えば、欅平はもちろんのこと、ふもとの宇奈月温泉でもよく見かけます。
が、今回は猿に出会えなかったので、作り物の猿でご勘弁を・・・
f:id:yoooen:20140927220212j:plain
 
というか、腹が減ったんだ~~~!
立ち食いお蕎麦が欅平の駅で食べることができます。
とても愛想の良いおばちゃんです。
峡谷お蕎麦を注文。
妹と半分こして食べました。
体に染み渡るおつゆ。あったかい。
 
今から山を登りますからね!
体力をつけておかないと・・・!
f:id:yoooen:20140927220226j:plain
 
いざ山へ!
何故山登りをするかというと、歩いてしか行くことのできない温泉に入りたかったからです。
祖母谷温泉という温泉です。
欅平駅から小一時間歩くと到着します。
山登りとも言えないレベルかもしれませんが、
我々は超初心者。最初はこのくらいで良いのです!
 
この先は危険!ということで、山道入口にヘルメットが置いてありました。
命は大切なので、ガッツリかぶっていざ出発。 
f:id:yoooen:20140927220449j:plain
 
歩きます。
筋肉痛確定。
f:id:yoooen:20140927220250j:plain
 
このトンネル怖い・・・けどくぐります。
f:id:yoooen:20140927220308j:plain
 
小一時間経過。
見えてきた~!祖母谷温泉
f:id:yoooen:20140927220328j:plain
 
 
 
 
f:id:yoooen:20140927220340j:plain
 
もくもく。
 
川原で露天風呂を作って入っているおじさんがいました。
が、我々は水着もなにも準備していないので・・・
f:id:yoooen:20140927220515j:plain
 
こっちの方に入ります!
f:id:yoooen:20140927220413j:plain
 
少々黒く濁っています。
源泉の方は、もっと真っ黒で、ちょっと怖かった。
f:id:yoooen:20140927220431j:plain
【泉質】単純硫黄泉
【効能】うちみ、切り傷、ヒフ病、(飲用)胃腸病、糖尿病等
トロッコにのり、プチ山登りをしてたどり着いた温泉。
我々にとっては今まで入ったどの温泉よりも価値のあるように感じました。
いい湯だな~、筋肉痛にも効くかしら~。
 
 
 
 
 
 
山を降り、街に戻り、
最後のシメは・・・
お隣魚津市でラーメン!

http://instagram.com/p/qu-0Dtu3jS/

 

ヌードルハーツ ラーメン(チーズジェノベーゼトッピング)

 

富山のオススメのラーメン【チーズジェノベーゼ】 ーヌードルハーツー - 書道家yoooenさんの奮闘記

 

 
 
来年はもう少し奥にある温泉に挑戦しようかと妹と目論んでいます。
それまでに体をバキバキに仕上げなければ!!
筋トレにも力が入ります。
 
 
 
歩いてしか行くことのできない秘湯めぐり、皆さんもいかがでしょうか。
いつもと違った感動を味わえますよ!
 
 
スポンサーリンク